パントエア菌LPSとは

PANTOEA

免疫研究のパイオニア

自然免疫応用技研

共同
開発

いち早くLPSに着目

Jコンテンツ

栄養源白タカキビ✕発酵菌パントエア菌→発行培養→パントエア菌LPS(肌免疫LPS)

PHYTOLIFT
×
自然免疫応用技研

2011年、私たち(株)Jコンテンツはいち早く「パントエア菌LPS(パントエア・アグロメランスLPS)」の肌への効果に着目。自然免疫応用技研(株)とともにオリジナル成分の共同開発に取り組み、独占使用権を取得しました。そのため、アレルゲンフリーの白タカキビで培養する「フィトリフト独自成分パントエア菌LPS(パントエア・アグラメランスLPS/ホワイトソルガム培養製法)」は、(株)Jコンテンツのみが使用できる「肌免疫LPS」です。
近年ではLPSの研究が進み、他の植物からもLPSが得られるようになりました。例えば、稲(米)に共生する「パントエア近縁菌(エンテロバクターアスブリエ)」、リンゴに共生する「パントエア・バガンス」などが培養され実用化されています。
しかし、(株)Jコンテンツが使用しているパントエア菌LPS(バントエア・アグロメランスLPS)は、自然免疫応用技研(株)が長年にわたり研究を続けてきました。安全性と効果に関して最も多くのエビデンスを持っており、他の稲(米)に共生するパントエア菌※1や林檎に共生するパントエア菌※2由来のLPSとは安全性・効果の面で一線を画しています。
※1:新分類ではエントロバクター・アスブリエ
※2:バントエア・パガンス

厳選した材料で培養

●アレルゲンフリー※の安心な
 
穀物
●契約農家で栽培されたものを、
 
収穫・保管・輸送まで管理
●残留農薬の検査を徹底
●遺伝子組み換えはしない
※小麦などに含まれるアレルゲン
 
「グルテン(タンパク質)」を含有しない

LPS 研究の歴史

国の研究プロジェクトにも
なっている四半世紀を超える

マクロファージとLPS

体内に張り巡らされた
免疫ネットワークでからだを守る

パントエア菌LPSの免疫パワー

乳酸菌の1,000倍の
免疫活性化パワー

きれい好きが
LPS不足をまねく

深刻なLPS不足をまねくと免疫に影響!?

身近な食品に
含まれるLPS

LPSが摂れる食品をご案内

ストレスと加齢が
免疫力を下げる

ストレス・加齢にもサポートケアが必要

インフルエンザ・
花粉症とLPS

効果的な予防法が報告されました

がん予防とLPS

がん細胞を日夜、除去。抗がん剤副作用も抑制!

アルツハイマーと
LPS

アルツハイマー予防に LPSが役立つ

ページトップに戻る