自然免疫制御技術研究組合

HOME > 研究内容 > 研究目標

研究内容

研究目標

本組合の技術研究開発は、糖脂質の広範なポテンシャルを鑑み、自然界に存在する糖脂質の糖鎖構造と機能の関連性を明らかにし、得られる知見に基づき、予防医学上望ましい機能を持つ糖脂質をデザインし、最終的には合成によって同一規格の糖脂質を作れるようにすることを目指しています。

研究課題:自然免疫を制御する有用糖脂質の解析・合成・利用技術の開発

(1)有用微生物の探索と糖脂質の抽出

四国域内の発酵製品群を探索し複数の新規有用グラム陰性菌と菌由来の糖脂質を分離・同定し菌・糖脂質パネルを作成します。個々の菌・糖脂質に特徴的な生物活性を探索し、この利用技術を開発するとともに事業化を目指します。

(2)糖脂質の糖鎖構造の解析(グライコリピドーム解析)と利用技術の開発研究

有用グラム陰性菌の糖脂質の糖鎖とリピドA構造同定可能な解析技術を開発するとともに(1)で得られる糖脂質パネルを活用し、有用糖脂質を網羅するグライコリピドームを構築します。

(3)メディシナルケミストリーに基づく糖脂質創薬の基盤技術開発

化学的あるいは酵素的な手法により、構造が明確で単一分子からなる有用糖脂質の構造活性相関に基づく合成技術を開発し糖脂質創薬を始めとする有用糖脂質利用に資する基盤技術を開発します。

▲PAGETOP

Control of Innate Immunity Technology Research Association 自然免疫制御技術研究組合

【事務局本部】
〒761-0301 香川県高松市林町2217-16 FROM香川3F バイオ研究室
TEL: 087-813-9201 / FAX: 087-813-9203
【事務局東京支部】
〒105-0045 東京都中央区築地6-17-4 築地パークビル4F
TEL: 03-6264-1861 / FAX:03-6264-1862